research

ResearchMap

ORCID

論文

  • 平野実晴「SDGs活用に向けた道具立ての手順―Young Water Professionalsの取り組みからの提案―」『水環境学会誌』第44巻(A)4号(2021年)118-122頁。
    Miharu Hirano, "Preparation Steps for Operationalizing the SDGs: A Proposal Based on an Initiative by Young Water Professionals in Japan", Journal of Japan Society on Water Environment, Vo. 44 (A), No. 4 (2021) pp. 118-122.
  • 平野実晴「『水のグローバル・ガバナンス』の行政法的構造――水に対する人権の実現過程に着目して――」『国際法外交雑誌』第119巻3号(2020年)44-70頁。
    Miharu Hirano, "Global Water Governance and its Administrative Legal Structure: The Process toward the Realization of the Human Right to Water", The Journal of International Law and Diplomacy (Kokusaiho Gaiko Zassi), Vol. 119, No. 3 (2020) pp. 44-70.
  • 平野実晴「水に対する人権のグローバルな動向と水道民営化の再規制手法―「国際法と国内法の境界」へのアプローチ」『神戸法学年報』第32号(2018年)223-243頁。http://doi.org/10.24546/81011181
    Miharu Hirano, "The Human Right to Water within Global Trends and the Regulation of Water Services Privatization: Developing an Approach to “the Boundaries between International and Domestic Law”", Kobe Annals of Law and Politics, Vol. 32 (2018), pp. 223-243.
  • Miharu Hirano, The Legal Structure of Global Administration for the Realisation of the Human Right to Water , PhD (Kyoto University, 2018), http://doi.org/10.14989/doctor.k21233.
  • Miharu Hirano & Shotaro Hamamoto, "Is Investment Arbitration Inimical to the Human Right to Water?: The Re-examination of Arbitral Decisions on Water Services", in Julien Chaisse ed. Charting the Water Regulatory Future: Issues, Challenges and Directions (Edward Elgar, 2017), pp. 145-166, https://doi.org/10.4337/9781785366727.00018.
  • Miharu Hirano, "Public Participation in the Global Regulatory Governance of Water Services: Global Administrative Law Perspective on the Inspection Panel of the World Bank and Amicus Curiae in Investment Arbitration", Utilities Policy, Vol. 43, Part A (2016), pp. 21-31, https://doi.org/10.1016/j.jup.2016.06.016.

判例評釈

  • 平野実晴「世界銀行インスペクションパネル:チャド・カメルーン石油パイプラインプロジェクト事件 & 緊急経済社会再統合支援プロジェクト事件」繁田泰宏=佐古田彰(編代)『ケースブック国際環境法』(東信堂、2020年)244-249頁。
  • 平野実晴「環境保護を目的とした規制の投資条約上の合法性:メタネックス事件」(同上)206-210頁。
  • 平野実晴「ラヌー湖事件」西井正弘=鶴田順(編)『国際環境法講義』(有信堂高文社、2020年)228-231頁。

文献紹介

  • 平野実晴「Mavluda Sattorova, The Impact of Investment Treaty Law on Host States: Enabling Good Governance? (Hart Publishing, 2018, xx + 220 pp.)」『日本国際経済法学会年報』第28号(2019)274-278頁。

口頭発表

  • Miharu Hirano, Rules on Goal-based Governance: Governing the Implementation of the Sustainable Development Goals, 18th Asia Pacific Conference (Beppu, Japan/Online: 14 November 2020)
  • 平野実晴「 「水のグローバルガバナンス」の行政法的分析――水に対する人権の実現過程に着目して」国際法学会 122年次研究大会(静岡、2019年9月4日)
    ※『国際法外交雑誌』第118巻3号に要旨掲載
  • 平野実晴「「水と国際法」に関する近年の研究の展開」第23回 環境法政策学会(東京、2019年6月9日)
  • Miharu Hirano, Normative Interactions between SDG 6 and the Human Rights to Water and Sanitation, IWA World Water Congress (Tokyo, Japan: 19 September 2018).
  • Miharu Hirano. Interpretation or Magic? The Metamorphosis of Water-related Good Practices into International Legal Rules, International Workshop on “Boundaries between International and Domestic Law” (Kobe, Japan: 20 May 2018).
  • Miharu Hirano. Public Participation in Investment Arbitration, Workshop and Expert Seminar, Best Practices for the Protection of Water in Times of Crisis (Nürnberg, Germany: 22 April 2016).
  • Miharu Hirano. Which Way is Survivability? The Role of Global Governance and Its Legitimacy Concerns―the Case of Urban Water Supply―, The Fourth International Symposium on Human Survivability (Kyoto, Japan: 20 November 2015).
  • Miharu Hirano. In Quest of Legitimate Global Water Governance: Examining the World Bank and Investment Arbitration through the Lens of Global Administrative Law, The First International Conference on Redrafting Water Governance (Lisbon, Portugal: 8 October 2015).

解説など

  • 平野実晴「(コラム)国際法廷における科学」繁田泰宏=佐古田彰(編代)『ケースブック国際環境法』(東信堂、2020年)
  • 平野実晴「(コラム)国際環境裁判と「法廷の友」(同上)
  • 「COVID-19への対応と国際法」(Youtube)APU RCAPSセミナー『パンデミック化した新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に国際社会はどのように向き合っているか?』(2020年5月26日)
  • 平野実晴「水と人権」『国際法学会エキスパート・コメント』No.2020-5(2020年)

 

その他出版物


競争的研究資金

  • 日本学術振興会 科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金 若手研究)『水紛争の予防と解決を担う国際制度の機能変化に関する研究』(2021年4月~2025年3月)
  • 公益財団法人 クリタ水・環境科学振興財団 国内研究助成『国際水法における水へのアクセス権の保護』(2019年10月1日~2020年9月30日)
  • 公益財団法人 旭硝子財団 助成研究(人文・社会科学系 研究奨励)『持続可能な開発目標(SDGs)から見た日本の水行政―法学的研究手法の提案に向けて』(2019年4月~2022年3月)
  • 日本学術振興会 科学研究費助成事業(特別研究員奨励費)『統合的水政策を推進するグローバル行政の構造と法の役割』(2018年4月~2019年9月)
  • 日本学術振興会 科学研究費助成事業(特別研究員奨励費)『「水のグローバルガバナンス」の法学的分析―水への権利と民営化の関係を中心に―』(2015年4月~2018年3月)